DORA麻雀のルールは?特徴を徹底解説

DORA麻雀ルール DORA麻雀のマニュアル

麻雀をする上で、微妙なルールの違いでもめてしまうなんてことありませんか?
お金をかけてる以上、細かいルールまで完璧に把握したいですよね。
麻雀ルールの認識ミスで、打ち方も変わってくることでしょう。

今回は、DORA麻雀の公式ルールについて解説していきます。

DORA麻雀で最初に覚えておきたいルール

・頭ハネ採用
・形式聴牌(テンパイ)あり
・喰いタン、後付、有り有り
・オーラス親あがり辞めなし
・喰い替えあり

頭ハネ採用

 頭ハネとは、ある打牌に対して2人以上の対局者から同時にロンアガリが宣言されたとき、放銃した人から見て次にツモる人にアガリの権利が与えられるというルール。

つまりダブロンやトリロンはルール上ありえないということですね。

ツモ順が近いほうがアガる権利があります。

形式聴牌(テンパイ)あり

上がれる見込みがなくても、テンパイの形をしていればテンパイとして扱われます。

テンパイをすることで様々な旨味がありますからね。うまく活用してください。

喰いタン、後付け、有り有り

いわゆる有り有りルールです。麻雀の最初にこれを話あうことが多いのではないでしょうか。ありありルールとは、「喰いタンあり」「後ずけあり」を意味します。

「喰いタンあり」 鳴きをして、タンヤオのみの役で和了(あがり)ができるかできないか。DORA麻雀では、喰いタンありなのでタンヤオのみで上がっても大丈夫です。

「後付けあり」・・・最初に他家からチーやポンをしたメンツが役に関係なく、2つめ以降のチー・ポンかアガったときにはじめて役ができるような鳴き方。 「後から役を付ける」が名前の由来。 

早上がりすることゲームが楽しく無くなるという意味で、なしにしているところもありますが、DORA麻雀ではありです。

ガンガン付けちゃってください。

オーラス親あがり辞めなし

DORA麻雀では、親が1位の状態で上がっても、ゲームが続行されます。

最終局で親の場合終わらせる条件としては

・他家がアガる

・誰かの保有点数がマイナスになる

・親がノーテンで流局

この条件です。テンパイしたら続行するのでご注意ください。

喰い替えあり

喰い替えとは・・・既に完成している順子のチーや刻子のポンをして牌を入れ替えること。

例えば、2.3.4の順子が完成しているとします。そこに、5の赤ドラが出されたのでチーをして、2を打牌する。これが喰い替えです。

喰い替えなしが一般的ですが、DORA麻雀では採用されていますので有効活用しましょう。

DORA麻雀は基本的なルールを採用している

DORA麻雀は聞いたことない役はありません。

採用されている役を翻数ごとに記します。

DORA麻雀役一覧

1翻 

門前自摸(メンゼンツモ)★門前のみ

一発(イッパツ)★門前のみ

断么九(タンヤオ)

平和(ピンフ)★門前のみ

一盃口(イーペイコー)★門前のみ

役牌(ヤクハイ)

槍槓(チャンカン)

嶺上開花(リンシャンカイホウ)

海底撈月(ハイテイラオユエ)

河底撈魚(ホウテイラオユイ)

北ドラ抜き

2翻

  1. ダブル立直(ダブルリーチ,ダブリー)★門前のみ
  2. 七対子(チートイツ)★門前のみ
  3. 連風牌(レンフォンハイ,レンプウハイ)
  4. 対々和(トイトイ)
  5. 三暗刻(サンアンコウ)
  6. 三色同刻(サンショクドウコウ)
  7. 三色同順(サンショクドウジュン)★喰い下がり
  8. 混老頭(ホンロウトウ)
  9. 一気通貫(イッキツウカン)★喰い下がり
  10. 混全帯么九(チャンタ)★喰い下がり
  11. 小三元(ショウサンゲン)
  12. 三槓子(サンカンツ)

3翻

  1. 混一色(ホンイツ,ホンイーソー)★喰い下がり
  2. 純チャン(ジュンチャン)★喰い下がり
  3. 二盃口(リャンペイコー)★門前のみ

6翻

清一色(チンイツ,チンイーソー)★喰い下がり

役満

数え役満

国士無双(コクシムソウ)

大三元(ダイサンゲン)

四暗刻(スーアンコウ)

緑一色(リューイーソー)

小四喜(ショウスーシー)

字一色(ツーイーソー)

九蓮宝燈(チューレンポートウ)

清老頭(チンロウトウ)

四槓子(スーカンツ)

四暗刻単騎(スーアンコウタンキ)

大四喜(ダイスーシー)

地和(チーホー)

天和(テンホー)

純正九蓮宝燈(ジュンセイチューレンポートウ)

国士無双十三面待ち(コクシムソウジュウサンメンマチ)

かなり一般的な役ですね。
国士無双十三面待ちや四暗刻単騎はW役満ではありません。

DORA麻雀気をつけたほうがいいルール

注意することとしては、人和(レンホー)と流し満貫がないこと。

・人和(れんほー)がない

・流し満貫がない

・北ドラぬき

人和なし

子が配牌でテンパイした状態で、自家の第一ツモより前に捨てられた牌でロン和了した際に成立する役。

DORA麻雀では採用されいていません。大人しくダブリーするのがよさそうですね。

流し満貫なし

流し満貫とは・・・流局時に自分の捨て牌が全て么九牌だった場合に成立する役。

DORA麻雀では採用されていませんのでご注意ください。

2つともかなり確率の低い役ですが、知っておくことに越してことはありません。

北ドラ抜き

3麻限定のルールです。

北が来たら、ドラとして抜いて加算されます。
ドラとして抜かなくても、通常の牌としても使することも可能です。

DORA麻雀途中流局条件

麻雀にはローカルルールとして様々な途中流局の条件が存在します。
DORA麻雀でもいくつか採用されていますので、ご紹介します。

採用されている途中流局

『四風子連打(スーフーツリェンター)』

『四槓散了(スーカンサンラ)』

『四家立直(スーチャリーチ)』

『四風子連打(スーフーツリェンター)』

まず『四風子連打(スーフーツリェンター)』ですが、四人全員の第一打の捨て牌が同じ風なら流局です。

途中一回でも鳴きが入ると適用されません。

DORA麻雀で注意することは、3人麻雀でも採用されていることです。

3人が、同じ風を1巡目で出すことはよくありそうですが、北抜きも鳴きとしてカウントます。

出現率はかなり低いようです。

『四槓散了(スーカンサンラ)』

これは、二人以上のカンの合計が4回以上になると流局になります。

一般的な麻雀のルールらしいですが、私は遭遇してことがありません。
珍しい流局条件ですので、頭の片隅に置いとくくらいでいいと思います。

『四家立直(スーチャリーチ)』

4人麻雀で4人全員の立直が成立すると流局です。
3人麻雀には適用されません。

4人全員が立直という地獄すぎる状況で打ちたくないですよね。。。

採用されていない途中流局ルール

・『九種九牌(キュウシュキュウハイ)』
・『三家和(サンチャホー)』
・『錯和(チョンボ)』

これら3つはよく聞く途中流局条件ですが、DORA麻雀では採用されていません。

DORA麻雀のルールまとめ

今回はDORA麻雀のルールをまとめていきました。

驚くようなルールはなかったと思います。

それもそのはず。DORA麻雀は世界中に広めたいので、いわゆる一般的なルールを作ることを心がけているでしょう。

ルールをしっかりと覚えて、1000点でも無駄にすることなくDORA麻雀を楽しんでください。

結局、DORA麻雀って稼げるの? 評判はいいの? このようなお悩みを持つあなたのために、「DORA麻雀の評判を徹底的に解説しました。 DORA麻雀において見過ごせない世間の13の評判を徹底的に調査し、丸裸にしています。 ぜひ、DORA麻雀を始める前に参考にしてみてください。
DORA麻雀のマニュアル
DORAベン